世界日報 Web版

キリスト教保守派、「復権」目指し米首都で年次会合


800

価値共有する候補擁立がカギ

 米野党共和党の強力な支持基盤であるキリスト教保守派が主催する「バリューズ・ボーター・サミット」が先週末、ワシントン市内で開かれた。政治的影響力に陰りが見られるキリスト教保守派だが、リベラルなオバマ大統領の政権運営に不満を募らせており、2016年の次期大統領選に向けて「復権」を目指している。(ワシントン・早川俊行、写真も)


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ