世界日報 Web版

米中間選挙左右する両党の内部対立


アメリカン・エンタープライズ研究所客員研究員 加瀬 みき

 アメリカは政治も社会も分断が深まり、民主、共和両党間の確執は限度を知らないかのようであるが、より深刻なのは両党内の分断かもしれない。

 民主党をみれば、バイデン大統領の支持率が低下の一途をたどっている。新型コロナ感染の再拡大、アフガニスタンからの撤退時の混乱、インフレ懸念、特にガソリン代や日常品の価格の上昇がその原因として挙げられるが、より大きな要因は、面白くはないが経験豊かで迅速に政策を施行できるというバイデン・ブランドに傷がついたことである。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ