世界日報 Web版

嫌われるバイデン氏と民主党


エルドリッヂ研究所代表、政治学博士 ロバート・D・エルドリッヂ

 昨年の米大統領選挙からちょうど1年が経(た)った11月上旬、全国紙USAトゥデイとボストン市にあるサフォーク大学が共同に行った世論調査の結果、登録済みの有権者の圧倒的多数が、ジョー・バイデン(民主党大統領)の2期目の出馬を望んでいないことが分かった。不支持率は60%近くに達した。

 さらに同調査によれば、2022年の中間選挙に向けて、共和党が民主党を2桁の差を付けてリードしていることが判明している。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ