世界日報 Web版

再出馬示唆のトランプ氏、勢い増す


24年米大統領選
バイデン氏の支持率低迷で

トランプ氏(左)とバイデン氏(AFP時事)

トランプ氏(左)とバイデン氏(AFP時事)

 バイデン米大統領の支持率が低迷する中、2024年の大統領選への再出馬を示唆するトランプ前大統領が勢いを示している。民主党関係者は警戒心を示しており、今後も同氏の動向に注目が高まりそうだ。

 「バイデン政権下のたった9カ月で、不法移民や麻薬密売業者が国境を支配し、インフレが経済を襲い、中国には雇用を奪われ、アフガニスタンはタリバンが支配した」。トランプ氏は9日のアイオワ州での集会で、バイデン氏の一連の政策をこき下ろした。

 24年に共和党の候補指名争いの初戦が行われる同州での演説は、トランプ氏が次期大統領選に出馬するとの観測により一層現実味を与えた。

 トランプ氏は出馬について明言はしていないが、保守系メディアとのインタビューで、「医師による悪い診断か何か」だけが、トランプ氏の出馬を妨げるものだとし、その意思を強く示唆。また、同氏と頻繁に会話を交わしているという元補佐官ジェイソン・ミラー氏は米メディアとのインタビューで、出馬の可能性は「99~100%の間」だと述べ、ほぼ間違いないとの見方を示した。

今、大統領選が行われたら?

今、大統領選が行われたら?

 トランプ氏が勢いづく背景には、バイデン氏の支持率低迷がある。政治専門サイト「リアル・クリア・ポリティクス」の最新世論調査の平均値(18日時点)によると、支持率が43・7%に対し、不支持率が52・1%。就任当初は、支持が不支持を20ポイント近く上回っていたが、大きく逆転した。アフガンからの米軍撤退の不手際やインフレ懸念、メキシコ国境における不法移民の急増が打撃となっている。

 これに対して、トランプ氏は各種世論調査で支持を高めている。デモイン・レジスター紙などが先月中旬にアイオワ州で実施した世論調査によると、過去最高となる53%がトランプ氏に対して「好意的」だとし、45%が「好意的でない」と回答した。

 また、ラスムセン社が先月下旬に実施した世論調査によると、仮に今、大統領選が行われた場合、トランプ氏に投票するとした人が51%だったのに対し、バイデン氏は41%。民主党支持者の約5人に1人がトランプ氏に投票するとした。

 世論調査専門家のジョン・ゾグビー氏は、10ポイント差という結果は実態よりも「少し大きい」との見解を示しつつも、「就任からわずか9カ月で、(バイデン氏への)投票に後悔している人が多くいる」と指摘している。

 一方、民主党側は警戒感を高めており、同党の世論調査専門家であるレイチェル・バイテコファー氏は、米政治専門紙ザ・ヒルに、「親しいストラテジストや関係者でトランプ氏の再出馬を望む人はいない」と述べた上で、「トランプ氏が弱い候補者になると誰も考えるべきではない」と危機感を示した。

(ワシントン・山崎洋介)