世界日報 Web版

新型コロナウイルス 武漢流出説の「信頼性高まる」


中国・武漢の武漢ウイルス研究所=1月27日(EPA時事)

NEWSクローズ・アップ

 中国・武漢ウイルス研究所(WIV)の研究者を含むグループが2018年に米政府機関に提案した研究計画がこのほど、明らかになった。新型コロナウイルスの生成につながり得るリスクの高い計画が含まれていたとみられており、新型コロナの研究所流出説の信頼性を高めたと指摘される。(ワシントン・山崎洋介)


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ