世界日報 Web版

炭素使用量パスポートを固辞せよ Straight ahead for carbon-use passport control


 米国民は、「規則と規制の殿堂」入りすればちょうどいいと思えるような風変わりな構想をいろいろ見てきた。新たに浮上している構想は、これまでのどの悪名高い構想よりもさらにひどいものとなるはずだ。それは「個人的炭素許容量」(PCA)というもので、炭素ベースの製品の使用を規制するために政府が運営する制度である。これは、市民に新型コロナウイルスワクチン接種の証拠を示すよう要求する新たな規則からヒントを得たものだ。炭素使用パスポートが現実のものになったとしたら、米国民は「自由な国」に住むために高額のカネを払うことになる。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ