世界日報 Web版

9・11「決して忘れない」を忘れたバイデン氏 Twenty years after 9/11, Biden forgets ‘never forget’


 2001年9月11日の壊滅的テロ攻撃以来、「決して忘れない」は、国を愛する米国人の合言葉だ。しかし、バイデン大統領はこれを忘れている。政治的打算から生まれた意図的結果を狙ったものか、加齢に伴う衰えによるものかはさておき、バイデン氏は、あの運命の日に、犠牲者らに罪無くして投げ付けられた残酷な仕打ちへの償いをさせるために流された血、汗、涙の20年を一瞬にして無駄にしてしまった。私たちは、9・11も、彼の冷酷な裏切りも、決して忘れない。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ