世界日報 Web版

アフガン撤退で同盟国が「根幹から揺れている」とハガティ米上院議員 Hagerty: Allies ‘shaken to the core’ by withdrawal


 米国の欧州同盟国は、アフガニスタンからの撤退による影響でテロのリスクが高まり、人道危機が拡大することを恐れている。最近、幾つかの主要同盟国の代表者と会談した米上院外交委員会のメンバーが明らかにした。

 駐日米大使を務めた共和党のビル・ハガティ上院議員が先週、海外訪問団を率いたのは、アフガン撤退が重要な同盟国との関係に及ぼす影響を憂慮し、将来のコミットメントに関する各国の懸念を聞くためだった。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ