世界日報 Web版

バイデン・ドクトリンの課題


西川 佳秀

東洋大学名誉教授 西川 佳秀

 バイデン米政権は、中露などの独裁抑圧勢力とアメリカをはじめとする自由諸国の対立という二分法的構図で世界を捉え、人権・民主主義の重要性を強調し、それを独裁抑圧勢力に対する外交上の武器に用いている。俗にバイデン・ドクトリンと呼ばれるものだ。

信頼性損なう二重基準


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ