世界日報 Web版

石油採掘への公有地リースで政権を提訴 Climate groups sue after Biden administration revives Trump-era drilling leases


 気候変動対策を訴える団体からなる連合組織は直ちに、入札を阻止するため連邦裁判所に提訴、「恣意的な環境分析」に基づくものだと主張し、バイデン氏の野心的な気候変動政策への協力を絶つと訴えた。

 法律団体「アースジャスティス」は訴状で、「バイデン政権は、気候変動が大きな被害をもたらすことを認識しており、排出量を削減するために大胆で迅速な対応を取り、地球が直面している気候に関する緊急事態に対処すべきであることを認めてきた。それにもかかわらずバイデン政権の内務省は、リース入札257を進めている」と指摘した。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ