世界日報 Web版

トランス女子参加は「不公平」 トランプ氏、東京五輪に物議


 トランプ前米大統領は24日、アリゾナ州フェニックスで開催された集会で、東京五輪における女子競技へのトランスジェンダー選手の参加は「不公平」だと異議を唱えた。

(UPI)

(UPI)

 トランプ氏は、トランスジェンダーの重量挙げ選手でニュージーランド代表のローレル・ハバード選手が東京五輪に出場することについて、「男子が女子競技に参加することが認められているが、どう思うか?」と聴衆に問い掛けた。その上で、同選手が女子競技における長年の記録を打ち破ったとして、「彼はこれを片手で成し遂げたのか。実に不公平だ」と批判した。

 さらに「私が(女子競技の)コーチだったら、皆が知っている意味での『女性』とはあまり話をしないだろう。『女性』だという言う人たちの中から採用する」と述べ、勝つためにあえてトランスジェンダー選手を積極的に採用するだろうと皮肉った。

 また、「ウォーク主義(人種差別、性差別などに敏感なこと)は、敗北をもたらし、心や人格をダメにする」と指摘。その上で、東京五輪の女子サッカーのグループリーグ初戦で米国代表がスウェーデンに敗れたことを取り上げ、「米国の女子サッカーチームは、何が起こっているのかを示す非常に良い例だ。彼女らは予想外にスウェーデンに3対0で敗れ、米国人はそれについて満足していた」と辛辣(しんらつ)に批判し、聴衆を沸かせた。

 サッカー女子米国代表のエース、ミーガン・ラピノー選手は、人種差別への抗議として試合前の国歌斉唱中に片膝をつくなどして、物議を醸した。トランプ氏が大統領だった2019年の女子サッカー・ワールドカップ優勝後、ホワイトハウス訪問を拒否するなど、同氏とも対立していた。