世界日報 Web版

敵国へのエネルギー依存に向かうバイデン氏 Biden promotes fossil fuel production, elsewhere


 つらい経験が人を強くすると言われる。その一方で、つらい経験の中には、あなたを死の病に追い込むものもある。バイデン大統領は、その高い地位を生かして経済競争を促進するとともに、米経済の主要なエネルギー源から手を引こうとしている。「気候変動」の名の下で取り組んでいるバイデン氏の化石燃料との闘いで、米国が強くなることはない。敵対国にエネルギーを依存させることは、国の経済的未来を不安定にするだけだ。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ