世界日報 Web版

中国、軍民連携でサイバースパイ 米安保・治安3機関が警告


ビル・ガーツ氏

ワシントン発 ビル・ガーツの眼

 報告書によると、中国のサイバー攻撃は「米国および同盟国の政治、経済、軍事、教育、重要インフラの関係者や組織を重点的に標的とし、機密データ、重要な新技術、知的財産、個人を特定できる情報を盗み出している」という。

 また、インターネット接続サービス業者、半導体企業、防衛請負業者、大学、医療機関を主に標的とし、こうして盗み出した情報が、中国の軍事、経済の発展を支えてきたと指摘している。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ