世界日報 Web版

ブラジル コロナ感染者・死者が大幅減


ブラジルで2回目の英アストラゼネカ製ワクチンを接種する高齢者=5月1日、ミナスジェライス州ベロオリゾンテ(AFP時事)

 新型コロナウイルスにより世界2位(約54万人)の死者を出しているブラジルで、新規感染者と死者の減少が顕著になっている。ワクチン接種が加速していることが大きな理由だ。ただ、より感染力の強いインド由来のデルタ株の市中感染も確認されており、予断を許さない状況だ。(サンパウロ・綾村 悟)

 ブラジルの世論調査会社ダッタ・フォーリャ社が15日に発表した世論調査で、有権者の半数以上が「感染を制御できている」との認識を示した。昨年6月にブラジルでパンデミックが発生して以来、初めてのことだ。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ