世界日報 Web版

ぬかるみの内国歳入庁に出す金はない No new money for the IRS: Agency mired in partisan scandal and inefficiency


 リチャード・ニクソンが辞任した後、多くの評論家が共和党は終わったと宣言した。代わって、ロナルド・レーガンの下での慎重な再調整と、小さな政府の党への転換によって、共和党はホワイトハウスの支配権を取り戻した。そして、20年たって、議会の過半数を獲得した。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ