世界日報 Web版

「文化革命」を起こすことが批判的人種理論の狙い Critical race theorists aim to ‘revolutionize’ culture


 米ニューヨーク州バッファローの中学生たちは今年、学区の「奴隷解放カリキュラム」の一環で、「米国は人種差別社会として建国された」というエッセーを読むよう指示された。

 中学生が宿題として読まなければならなかったエッセーには、「すべての白人は組織的人種差別の固定化に関わっている」と書かれていた。

 シアトルの公立学校では、ブラック・ライブズ・マター(黒人の命は大切)運動に触発されて設けられたプログラムの一環で、批判的人種理論(CRT)が高校3年生(日本の高校2年生に相当)に教えられることになっている。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ