世界日報 Web版

「1619プロジェクト」に基づく歴史教育への補助金事業に反発広がる Grants inspired by ‘1619 Project’ trigger outrage


 米国の歴史を人種の観点から教えることを学校に推奨する教育省の計画に対し、多くの苦情が寄せられている。反対派は不正確な歴史教育であり、人種間の分断を助長するものだと主張している。

 3万5000以上のコメントの大半が反対意見だった。

 バイデン政権は先月、奴隷制や人種差別を米国史の決定的特徴として焦点を当てる学校に補助金を出すという提案に対し、意見を募集した。このカリキュラムは「批判的人種理論」と呼ばれるものだ。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ