世界日報 Web版

高まるUFOへの関心、議会に報告書提出へ ‘Forbidden subject’: Air Force officers recount ridicule after sharing UFO experiences


 未確認飛行物体(UFO)への一般の関心は、ロバート・サラス退役空軍大尉が約11年前にワシントンのナショナル・プレス・クラブでステージに立った時とは様変わりしている。

 当時は、全米にこの現象に対する関心が広がっている現在と違っていた。サラス氏と、6人の空軍退役軍人は、UFO研究者、作家のロバート・ヘイスティングズ氏を伴って、身元不明の飛行物体との遭遇体験について詳しく述べたが、この問題は当時、嘲笑され、否定され、根拠のない陰謀論として片付けられていた。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ