世界日報 Web版

北朝鮮 多弾頭・戦術核を製造へ、次期在韓米軍司令官が証言


ビル・ガーツ

 次期在韓米軍司令官に指名されているポール・ラカメラ陸軍大将は上院公聴会で、北朝鮮が小型核弾頭、戦術核兵器、多弾頭ミサイルの製造に取り組んでいると証言、迎撃能力の強化などで対抗する必要性を強調した。

 ラカメラ氏は18日、上院軍事委員会での証言の準備書面で、「金正恩氏は1月、核抑止力を拡大する計画を発表した。具体的には、小型化した核弾頭、戦術核兵器、さらに多弾頭各個目標再突入弾(MIRV)だ」と指摘した。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ