世界日報 Web版

就任100日過ぎたバイデン米大統領、ひどい形でハネムーン期間終わる Biden’s honeymoon ends badly after first 100 days


 就任から100日が過ぎたバイデン米大統領だが、次の100日はひどいスタートを切った。東海岸の広範囲でガソリンが不足し、インフレの急上昇が起こり、記録的求人数にもかかわらず雇用が失速し、中東で新たな紛争が起こり、国境危機は未解決のままだ。

 労働省の12日の発表によると、物品・サービスの消費者物価は4月に0・8%上昇した。これは1カ月の伸び幅としては過去10年以上で最大だ。過去12カ月の消費者物価指数も4・2%上昇したが、これも前年比の伸び幅としては2008年以降で最大だ。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ