世界日報 Web版

過激化する「反人種差別教育」 米国


「批判的人種理論」を推進する方針を示した米教育省(山崎洋介撮影)

 米国で左派イデオロギー色の強い「反人種差別教育」に対し、保護者や教師から反発の声が上がっている。一方で、バイデン政権はこうした教育を推進する姿勢を示しており、共和党は批判を強めている。(ワシントン・山崎洋介)

 「肌の色と人種のレンズを通して教育や歴史、社会のあらゆる側面を見ることによって、マーティン・ルーサー・キング牧師の遺産を冒涜(ぼうとく)している」


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ