世界日報 Web版

自立から社会主義へ政党の立ち位置転換か Americans acting European: Pandemic panic is substituting socialism for self-reliance


 「アメリカでは、私たちは政府をあがめることはしない。私たちは神をあがめるのだ」。これは、(共和党の)ドナルド・トランプ氏が遊説中に使って、決まって拍手喝采を浴びたセリフだった。だが、前大統領の支持基盤を含む米国人のかなりの部分が、そうは思っていないかもしれない。多くの人にとって、政府は希望の的であって、新型コロナウイルスのパンデミックによってずたずたにされた経済再建を成し遂げるための主要な担い手に違いないのだ。米国人が極めてヨーロッパ流になびいているように見えることは、自由の未来にとって不吉な兆候である。

 ピュー・リサーチ・センターの最新の調査によると、米国、フランス、ドイツ、英国の市民のかなりの割合が、彼らの経済システムに「大規模な見直し」が必要だと考えている。最も強い不満を持っているのはフランス人で、58%が大規模な変更を望んでいて、さらに、12%が全面的な改革を求めている。経済の大幅な修正、または、全面的な修正を求めているドイツ人と英国人の割合はそれぞれ50%。新型コロナ禍でも世界一の経済を維持している米国人も同様の考えをしており、半分が大きな変化を歓迎している。

 確かに、世界的な景気後退が家族の財産に及ぼす影響をめぐって、大西洋の両岸に苦しみが拡大していることには十分な理由がある。米国と、その欧州の友好国はどこも2020年に深刻な経済的損失を被った。国際通貨基金(IMF)によると、米国の国内総生産(GDP)は3.5%減少した。ドイツは4.9%、フランスはさらに悪く8.2%。英国は最悪で、9.9%減だった。

 勤勉な市民らは、先が見えず困り果てているかもしれないが、良い時代がそこまで近づいている。IMFは、2021年の力強い景気回復の到来を予測している。ドイツ経済は3.6%、英経済は5.3%、フランス経済は5.8%の急増が予測されている。米国のGDPは、6.4%成長で、それらすべてを上回ると予測されている。

 ところが、ピューの世論調査によって、調査対象国の中で、政府の経済的介入に対する強力な支持があることが分かった。英国は、より多くの公営住宅を建設し、ユニバーサル・ベーシック・インカム(UBI)(注)を全員に提供するなどの最も強力な支持を示している。

 意外だが、米国は、貧困層への手当を増やし、裕福な人々へ増税する熱意という点でドイツと並ぶ。米国が伝統的に自立を大切に思うことや、フランスが社会主義を強く信奉していることを考えると、社会主義的政策に対する米国の関心の深さが、フランスをさえ超えていることは、ますます心配である。

 この転換の説明として、理解できることが一つだけある。パンデミックを乗り越えるための命綱を探している米国人は、やる気を捨てて、政府の援助物資を愛するようになりつつあるというわけだ。新型コロナ感染症に関連して政府が給付するカネ、インフラ、「グリーン(環境に優しい)」経済の法律制定などで、バイデン大統領や民主党は、米国人を米国の政府に福祉を頼るように訓練しているのだ。明らかに、フランス人は、そのようなことはうんざりするほど経験しているので、事態はそんなに甘くはないと思っている。

 政府は人命を救うためにウイルスと闘う重要な役割を果たしたが、米国人は生き永らえて、政府に米国経済をヨーロッパ流の社会主義の形につくり替える口実として、パンデミックの利用を許したことを後悔するかもしれない。

(5月9日付)

注:最低限所得保障の一種で、政府がすべての国民に対して一定の現金を定期的に支給する政策

◆   ◇   ◆

“In America, we don’t worship government, we worship God.” It was a sure-fire applause line in Donald Trump’s stump-speech repertoire. Beyond the former president’s voter base, though, a substantial portion of Americans may beg to differ. For many, government is the bomb, the premier agent of change for rebuilding economies devastated by the coronavirus pandemic. That Americans are acting very European is an ominous sign for the future of freedom.

A new Pew Research Center survey finds that a significant proportion of citizens in the United States, France, Germany and the United Kingdom believe their economic systems require “a major overhaul.” The French are the most dissatisfied, with 58 percent wanting major changes and an additional 12 percent calling for complete reform. The shares of Germans and Brits looking for either substantial or total revisions to their economies each measure 50 percent. Despite maintaining the world’s largest economy even throughout the COVID-19 period, Americans hold an identical view, with half welcoming major changes.

To be sure, there is ample reason for widespread distress on both sides of the Atlantic over the impact of the global economic downturn on family fortunes. The U.S. and its European friends all suffered serious economic loss in 2020. Gross domestic product declined 3.5 percent in the United States, according to the International Monetary Fund (IMF). Germany endured a 4.9 percent drop, France’s was worse at minus 8.2 percent. The U.K.’s was worst of all, down 9.9 percent.

Hard-working citizens may be hard-pressed to see over the horizon, but better times are coming. The IMF forecasts a strong economic bounce-back in 2021. The German economy is projected to surge by 3.6 percent, the U.K.’s by 5.3 percent, and France’s by 5.8 percent. U.S. GDP is predicted to top them all with 6.4 percent growth.

Nonetheless, the Pew poll finds strong support among the surveyed nations for government economic intervention. The United Kingdom shows the strongest support such programs as building more public housing and providing universal basic income.

Disturbingly, the United States generally matches Germany in its enthusiasm for increasing government benefits for the poor and raising taxes on the wealthy. U.S. interest in socialistic policies surpassing even that of the French is even more jarring, given America’s traditional reverence for self-reliance and France’s historical dalliance with socialism.

Only one explanation for the transposition makes sense: Americans looking for a lifeline to pull them past the pandemic are abandoning their can-do spirit and learning to love government handouts. With their coronavirus-relief, infrastructure and “green” economy legislation, President Biden and the Democratic Party are training Americans to depend on Uncle Sam for their well-being. Evidently, having been there and done that, the French are less naive.

Government has played a vital virus-fighting role in saving lives, but Americans may live to regret allowing government to use the pandemic as an excuse for remaking the U.S. economy in the image of European-style socialism.

May 9, 2021