世界日報 Web版

米で感染再拡大 非難の応酬


キャサリン・パーカー

米コラムニスト キャサリン・パーカー

 責任のなすり合いが好きな人はいないだろうが、当人にとってはそうでもないようだ。新型コロナウイルスワクチンの大量接種が進んでいる中で、感染者が再び急増し始めている。誰が悪いのかをめぐって、非難合戦が最高潮だ。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ