世界日報 Web版

国民を貧困に、バイデン政権の気候変動対策 Deprivation nation: Democrats’ plan to go ‘green’ would put Americans in the red


 米国人には、カネと時間を価値ある社会的目的のために出す自由がある。バイデン大統領は新たな運動を推進している。炭素問題解決に掛かる社会的コストのための財政支出の提案である。バイオ燃料で国に電力を供給するために想定される付加的コストには、数兆㌦もの値札が付いてくる。彼の手頃な値段のエネルギー源の使用をやめようという運動は、米国人を今以上に貧しくして、被略奪者になる将来へ導くことになりかねない。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ