世界日報 Web版

教会の崩壊と共に生命の尊厳も失われる Desecration nation: When churches crumble, so does respect for life


 教会の神聖を汚す方法にはいろいろある。一つは、外部からの破壊――焼き打ちし、軽蔑のしるしとして、そこにある神聖な物を壊すことである。もう一つは、内部からの攻撃――そこの教えを批判し、信徒らを彼ら自身の信条に背かせるようにすることである。キリスト教そのものは、外的、内的双方の攻撃を受けている。宗教的価値観が社会環境から薄れてきており、それに伴い、人間の生命に対する尊敬の念も消えていっているのだ。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ