世界日報 Web版

多様な根深い差別を抱える米国


加瀬 みき

アメリカンエンタープライズ研究所客員研究員 加瀬 みき

 テニスの四大大会の一つである全豪オープンの準決勝で大坂なおみが女子テニスの女王、セリーナ・ウィリアムズを負かした。次の女王が誕生した、とみるとともに、セリーナなくしては大坂がこの場に立っていなかったかもしれないとも評された。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ