世界日報 Web版

議会でサイバーセキュリティー見直しの動き Congress urged to overhaul how it oversees cybersecurity


 議会は、サイバーセキュリティーの監督のあり方の改革を進めている。この問題専門の委員会を新設することも検討されている。

 このような動きが出てきたのは、コンピューターネットワーク管理ソフト「ソーラーウィンズ」を使ったハッキングが発生したためだ。ハッキングを受けて連邦政府は動揺し、米国のネットワークが広範囲にわたって脆弱(ぜいじゃく)であることへ警戒感が広がった。

 サイバースペース・ソラリウム委員会は昨年、今回のハッキングが明らかになる前に、サイバーセキュリティー委員会の新設を求めていた。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ