世界日報 Web版

気候変動が軍の計画立案の中心に NEWS STORY/Biden’s Pentagon makes effects of climate change central to military planning


 両岸の海面上昇が、米軍の主要施設を脅かしている。海外での飢饉(ききん)、干ばつ、山火事が、もろい社会を破壊している。そこで戦争が発生すれば、米軍は関与を迫られ、米国人の命が危険にさらされる。

 北極で海氷の融解が進めば、米国とロシアの間で紛争の舞台が整うことになる。軍の計画立案者らは、敵のエネルギー、水の供給源を標的とすることが、戦術上非常に有効になってきていると指摘した。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ