世界日報 Web版

コロナ第2波に苦しむブラジル


集中治療室で治療を受けるブラジルの新型コロナウイルス患者=9日、南部ポルトアレグレ(AFP時事)

感染者700万人以上 失業率は14%超

 新型コロナウイルスの感染「第2波」が南米ブラジルを襲っている。一時は感染ピークが過ぎたと思われたが、ここに来て1日当たりの新規感染者が過去最多を記録しており、政府と各自治体が対応に追われている。失業率が14%を超えるなど、社会・経済への影響も甚大となっており、一刻も早いワクチン認可と接種開始が望まれている。(サンパウロ・綾村 悟)

 ブラジルの総感染者数は、21日時点で世界3位の726万3619人で、世界の総感染者数(7734万人)の約1割に相当する。死者数も18万7291人で世界2位だ。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ