世界日報 Web版

米大統領選は終わっていない、「陰謀論」で済まない不正疑惑


特別編集委員 藤橋 進

 今月3日に行われた米大統領選挙は、バイデン元副大統領が「勝利」宣言し、政権移行のプロセスが進んでいるかのように日米の大手メディアは報道しているが、バイデン氏の勝利は確定していないし、大統領選は終わっていない。

 次期大統領が決まるのは、12月14日の選挙人の確定においてであり、トランプ大統領側は、幾つかの激戦州で大規模な不正があったとして、訴訟を起こしている。それでも決まらない場合は、下院議員の投票に持ち越される可能性もある。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ