世界日報 Web版

米国 民主穏健派、党の左傾化非難


米連邦議会で発言する民主党穏健派のクライバーン下院議員(UPI)

上下院選不振で対立表面化

 米大統領選と同時に3日に実施された連邦上下院選で、大方の予想を覆し、共和党が健闘した。結果が振るわなかった民主党では、穏健派から党の左傾化が苦戦の原因だと非難の声が上がった。今後の党の方向性をめぐって、対立が表面化している。(ワシントン・山崎洋介)

「警察予算打ち切れ」急進派の主張が足枷に


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ