世界日報 Web版

開票集計めぐり長期化も 米大統領選


バイデン前米副大統領(左)とトランプ大統領(AFP時事)

 開票作業が続く米大統領選で4日、民主党のバイデン前副大統領(77)は、激戦州の中西部ウィスコンシン、ミシガンを制した。一方、共和党のトランプ大統領(74)の陣営は同日、接戦州で集計中止などを求める訴訟を相次いで起こした。集計をめぐり、結果判明まで長期化する可能性も出ている。

 米メディアによると、これまでに獲得した選挙人の数はトランプ氏の214人に対し、バイデン氏が253人。当選に必要な過半数の270人まで残り17人に迫った。

 バイデン氏は地元の東部デラウェア州で「票の集計が終われば、われわれが勝者になると信じている」と述べ、勝利に自信を示した。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ