世界日報 Web版

米大統領選、あす投票


激戦州でラストスパート

31日、米中西部ミシガン州フリントの選挙集会で、声援に応えるオバマ前大統領(左)とバイデン前副大統領(AFP時事)

31日、米中西部ミシガン州フリントの選挙集会で、声援に応えるオバマ前大統領(左)とバイデン前副大統領(AFP時事)

 トランプ氏はバイデン氏がやや優勢とみられる東部ペンシルベニア州を1日で4カ所遊説。バイデン氏が10月下旬の最後のテレビ討論会で「石油産業からの移行を目指す」と語った発言を批判し、「バイデン氏はこの地域の経済を閉鎖させるだろう」と述べ、石油産業を主産業とする同州の有権者からの支持拡大を図った。

 一方バイデン氏は、中西部ミシガン州で今回の選挙戦で初めてオバマ前大統領とともに壇上に立ち、黒人層からの支持固めを図った。バイデン氏は、トランプ氏の新型コロナウイルス対応に焦点を当て、「われわれはこのウイルスを打ち負かし、それを制御下に置く。それを行うための第一歩は、トランプ氏を打ち負かすことだ」と強調。オバマ氏はトランプ氏が開催する大規模集会が感染拡大を招くと批判し、「彼が子供の頃、誰も誕生パーティーに来ず、それがトラウマになっているのか?」と皮肉った。

米大統領選

 

 一方、期日前投票を済ませた人は9100万人を超え、4年前の大統領選で投じられた総投票数である1億3900万票の約65%となった。

 フロリダ大「米選挙プロジェクト」の集計によると、20州で期日前投票した人のうち民主党は45・7%だったのに対し、共和党は30・3%で下回っている。記録的な期日前投票の伸びは民主党の有利に働くともみられるが、フロリダ、ノースカロライナ、ジョージアなどの接戦州ではその差が縮まってきている。

 連日熱狂的な集会を開催し猛追するトランプ氏が、選挙当日に多くの支持者を投票所に向かわせ、このギャップを埋めることができるかが勝敗を分けることになる。

(ワシントン 山崎洋介)