世界日報 Web版

進む兵器開発、無人機対策急ぐ米国防総省 Arms race underway as U.S. scrambles to defeat rivals’ drones


 米軍は武装無人機の戦場での使用の先駆けとなり、この20年間の戦争を大きく変えた。

 しかし、この変革によって国防総省は新たな緊急任務を抱えることになった。他国の無人機からの防衛だ。

 無人機は、急速に高速化、低価格化し、破壊力は増し、世界に拡散している。米軍の作戦立案者らは、攻撃に弱い兵員、戦車、艦艇の効果的な防衛策の作成を急いでいる。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ