世界日報 Web版

イランが有権者情報を入手、なりすましメールで脅迫 Iran obtained voter information, sending ‘spoof emails’ to intimidate voters, ‘damage’ Trump


 ラトクリフ国家情報長官は21日、イランとロシアが米有権者の登録情報を入手し、イランはすでにその情報を使って、有権者を「脅迫」し、「トランプ大統領の評判を貶(おとし)め」ていると述べた。

 ラトクリフ氏と連邦捜査局(FBI)のレイ長官は緊急記者会見で、被害は出ていない、選挙システムの安全性を信じてほしいと訴えた。

 ラトクリフ氏は、この二つの敵国は、偽情報と脅迫で選挙に影響を及ぼそうとしていると指摘した。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ