世界日報 Web版

現代の戦場で活躍の場失う戦車 The mighty tank struggles to find a place on the modern battlefield


 「クルスクの戦い」や「砂漠のあらし」作戦など、20世紀の戦場では戦車が活躍し、戦闘を特徴付けてきた。

 しかし、今後の戦闘で強力な戦車が活躍する場があるかどうかは全く不透明だ。専門家らは、ロケット攻撃が効果を高め、高度なレーダーシステムによって車両を発見、攻撃目標とすることが容易になり、小型で攻撃力のある無人機で走行車両の車列を破壊することができるようになったことで戦争の性格が変わり、戦車の有効性が限定的になり、戦場での活躍の場も大幅に減ると主張する。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ