世界日報 Web版

ハリスは「無謀社会」への道を開く A ticket for recklessness: Harris leaves little debate over where Biden would steer America


 共和党のマイク・ペンス副大統領と、民主党のカマラ・ハリス副大統領候補の隔たりは、単なるアクリル板(透明の仕切り)以上のものである。水曜日(7日)の夜に行われた1回のみの副大統領候補討論会の中で示された、米国をいかに指導していくかについてのそれぞれの見解には、大きな隔たりがあったのだ。本質的に、彼らは、現行の立憲共和制の継続と、社会主義体制への転落のいずれかを選択する代表者として立っている。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ