世界日報 Web版

白人至上主義者が国内過激派最大の脅威 DHS: White supremacists are the most lethal domestic extremist threat


 昨年、米国内の過激派による事件での死者数が、過去25年間で最多となった。そのうちのほとんどは白人至上主義者によるものだった。国土安全保障省の新たな脅威評価報告で明らかになった。

 公表が待たされていたこの報告は、白人至上主義を、この国にとって「最も継続的で致死性の高い」国内の脅威とする一方で、ウルフ長官代行は、反権力を訴える暴力的抗議デモが「警戒すべき」水準にまで増加していると警告した。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ