世界日報 Web版

トランプ氏感染で注目増、きょう副大統領討論会


 11月の米大統領選に向けた副大統領候補のテレビ討論会が7日夜(日本時間8日朝)、ユタ州ソルトレークシティーで行われる。強固な保守派として知られるペンス副大統領(61)と米史上初の女性副大統領を目指すハリス上院議員(55)が対決する。トランプ大統領(74)が新型コロナウイルスの感染により一時入院した事態を受け、これまで以上に注目が高まっている。

米共和党のペンス副大統領(写真左)と民主党のハリス上院議員(AFP時事)

米共和党のペンス副大統領(写真左)と民主党のハリス上院議員(AFP時事)

 副大統領候補の討論会は1回だけ行われる。米メディアによると、トランプ氏が新型コロナに感染したことを受け、両候補の間にアクリル樹脂の仕切りを設置するほか、両者の間隔を約3・7㍍に空ける方針となった。

 米国で新型コロナによる死者数が21万人を超え、ホワイトハウス内でも感染が拡大している中、新型コロナへの対応が焦点の一つとなりそうだ。ペンス氏が米政府の新型コロナ対策本部長を務めていることもあり、ハリス氏は、トランプ政権の新型コロナ対応を厳しく追及するとみられる。

 一方、ペンス氏は、ハリス氏がバイデン前副大統領(77)以上に左派寄りの立場であると強調する見通しだ。ハリス氏は過去に公的医療保険制度を全国民に拡大する法案「メディケア・フォー・オール」や温暖化対策の決議案「グリーン・ニューディール」など急進左派的な政策の共同提案者となったことがあり、バイデン氏との立場の違いについてどう説明するか注目される。

 トランプ氏とバイデン氏の第1回のテレビ討論会は、トランプ氏が発言を頻繁に遮ったり、互いにののしり合うなど、混乱が目立った。礼儀正しく冷静沈着なペンス氏と検察官出身の論客として知られるハリス氏の討論会は、より落ち着いた雰囲気での政策論争も期待できる。

 また、トランプ氏が新型コロナに感染したことで健康面で懸念が残る上、バイデン氏は当選すれば歴代最高齢の78歳で就任することになる。次期大統領が4年の任期を全うできず、副大統領が大統領に昇格する可能性も現実味を帯びてきていることから、今回の討論会への注目が高まっている。

 こうしたことから、ブルッキングス研究所のジョン・ヒュダック上級研究員は7日の討論会について「40年前に副大統領の討論会が始まって以来、最も重要なものになる」と指摘している。

(ワシントン 山崎洋介)