世界日報 Web版

トランプ大統領「今後数日が正念場」


症状改善も予断許さず

 新型コロナウイルスに感染して入院しているトランプ米大統領(74)は3日夜、ツイッターに約4分間のビデオメッセージを投稿し、病状について「体調は良くなり始めている。今後数日間が正念場になり、体調がどうなるか見極める」と説明した。メドウズ大統領首席補佐官は米メディアに今後「48時間が非常に重要だ」と述べ、依然として予断を許さない状況であるとの見方を示した。

3日、自身のツイッターに投稿した動画で新型コロナウイルスの病状について語るトランプ米大統領(時事)

3日、自身のツイッターに投稿した動画で新型コロナウイルスの病状について語るトンプ米大統領(時事)

 トランプ氏はビデオメッセージで、ノーネクタイのジャケット姿で会議用テーブルの後ろに座り、治療に当たった医療関係者を称(たた)え、「病院に来て体調はかなり改善した」と強調。その上で「米国を再び偉大にするために現場に戻らなければならない。まだやらなければならないことが残っている」と述べ、現場への復帰に意欲を示した。

 メドウズ氏は3日、FOXニュースの電話インタビューでトランプ氏の病状について「昨日は非常に懸念すべき状況だった」と説明。現在、症状は大きく改善したものの、「今後48時間は危機を脱することはない」と述べ、依然として予断を許さないとの見方を示した。

 メドウズ氏によると、トランプ氏は2日に「発熱があり、血中酸素濃度が急速に低下していた」が、その後症状は大きく改善した。現在は発熱は治まり酸素濃度も改善したという。

 また、米紙ニューヨーク・タイムズ(電子版)によると、トランプ氏は2日、ホワイトハウスにいる間に息苦しくなり、酸素濃度の低下が見られたため、酸素吸入を受けた。このことが入院する理由になったという。

 3日に記者会見した専属医のコンリー医師は、「病院では酸素吸入を受けていない」などと述べたが、ホワイトハウスで受けたことは否定しなかった。

(ワシントン 山崎洋介)