世界日報 Web版

加州の停電で非難を浴びるグリーン・ニューディール計画 Green New Deal plans come under fire


 米カリフォルニア州の電力網がひどいタイミングでトラブルに陥っている。民主党が今週、全国党大会で、ジョゼフ・バイデン前副大統領が主張する2兆㌦のグリーン・エネルギー計画への支持を広げようと取り組んでいる最中にだ。

 カリフォルニア州の野心的な再生可能エネルギー構成基準が批判を浴びている。電力網が過酷な猛暑に耐えられず、計画停電によって、数百万人が電力のない生活を強いられているためだ。同州は、エネルギー源を原子力、天然ガスから太陽光、風力に変えようとしている。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ