世界日報 Web版

「スパイゲート」の説明責任の窓口が閉ざされつつある The window for accountability on Spygate is closing


 40日、およそ40日。それは司法が「スパイゲート」で何かをつかむのに、あと、どのくらいの日数が残されているか、という話である。「スパイゲート」というのは、ドナルド・トランプを倒すための作戦のニックネームである。米国民は、米国のジョン・ダラム検事が文書、起訴状、無罪の証明――のいずれにせよ――フィクションより奇なるロングランの長編小説に決着をもたらせるようなものを出してくれることを首を長くして待っているのだ。早くそうしないと、過去の悪事の疑惑に将来を汚すのを許すことになるのだ。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ