世界日報 Web版

米抗議デモの背後に極左組織


暴動に一変「プロが支援」

 連邦・州当局者らは組織的背景の解明を急いでおり、アンティファや無政府主義者、白人至上主義者、麻薬カルテル、組織犯罪集団などの密売組織、さらには大統領選を前に米国内の不安定化をもくろむ中国、ロシアの工作員との見方も上がっている。

 ミネソタ州のワルツ知事は5月30日、デモは白人警官による黒人男性殺害への抗議から、「社会を攻撃し、恐怖を植え付け、都市を混乱に陥れる」ための破壊活動に変わったと訴えた。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ