世界日報 Web版

ブラジルが感染爆発の中心に 新型コロナ


新型コロナウイルス感染とみられる症状の患者を下流のポルテウにある病院まで、これから12時間かけて搬送するブラジルの船の救急車=2日、北部パカハ川河畔(AFP時事)

 新型コロナウイルスのパンデミックの中心は今、中南米に移っている。中でも、70万人以上の感染者を出しているブラジルでは、経済を優先するボルソナロ大統領が隔離政策を重視する地方自治体を批判して混乱を引き起こしており、国内の足並みがそろわない。連日のように4ケタを超える新規感染者が出る中、今月にも開始されるワクチンの最終治験が数少ない望みとなっている。

 「ブラジルの新型コロナ感染者の実数は、350万人から400万人を想定している」。感染症の専門家でブラジル保健省の前局長だったオリベイラ氏が7日、衝撃的な数字を発表した。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ