世界日報 Web版

新型コロナめぐる真実の重要性


アメリカン・エンタープライズ政策研究所客員研究員の加瀬みき氏

アメリカン・エンタープライズ研究所客員研究員 加瀬 みき

 トランプ政権の新型コロナウイルスをめぐる中国攻撃が一層過熱している。ウイルスを発生させ、ウイルスに関する情報を隠蔽(いんぺい)し、その結果、世界中にウイルス感染を拡大したと中国政府の責任を追及している。中国政府の対応に過ちがあったのは間違いない。しかしトランプ政権が引用する「事実」にもかなりの無理があり、また選挙に向け有権者を狙ったレトリックがアメリカの言い分への不信感を生み、米国内では不当な差別につながる恐れもある。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ