世界日報 Web版

ブラジル 新型コロナ感染者が23万人超


「ピークはまだ」専門家

 ブラジル保健省は16日、新型コロナウイルスの感染者が前日より1万3919人増え、23万3132人になったと発表した。死者は1万5633人。

ボルソナロ大統領

5日、ブラジルの首都ブラジリアで、記者団と話すボルソナロ大統領(EPA時事)

 感染者数はスペインやフランスを上回り世界4位、死者数は6位。ここ数日は連日のように1万5千人近く感染者が増えており、3位の英国を抜く勢いだ。感染症の専門家は、「いまだピークは来ていない」と指摘、5月末から6月にかけて感染のピークが来るものと見ている。

 また、先住民族が多く住む保護区にも感染の波は広がっており、先住民団体はブラジル政府や世界保健機関(WHO)に保護を求めている。

 サンパウロ州などの地方自治体は、独自に外出制限やマスク着用の義務化などを導入、感染拡大が顕著な一部の都市は都市封鎖(ロックダウン)を行いながら拡大阻止に努めているが、重症患者の受け入れが困難な地方自治体が増えている。

(サンパウロ 綾村悟)