世界日報 Web版

「あの方たちは何を考えているのだろうか」 A penny for their thoughts


 死のウイルスが、津波のように全地球を襲い、姿を現してから、あっという間に米国の1万3000人強を含め、8万人以上の人命を奪った。このような招かれざるチェンジエージェント(時代の変革を促すような事件)と格闘しつつ、2人の大統領に国務長官として仕えたヘンリー・キッシンジャー氏は、「差し迫った大災害」を避けるためにトランプ政権が行った努力を正しく称賛するとともに、「コロナウイルス後の秩序への移行に備えるための取り組みに並行して取り掛からなければならない」」という考えを同時に明らかにした。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ