世界日報 Web版

外出制限は対コロナの最善策ではないと専門家 Scholars: Stay-at-home orders not best approach to pandemic


 公衆衛生の一部専門家から、新型コロナウイルスのパンデミックへの対応策として、米経済を急停止させている自宅待機命令よりも、もっと良い方法があるかもしれないとの指摘が出ている。

 彼らの見解は、現在の医療界の主流からは外れている。だが、彼らの主張は、過去数週間に世界中から集まったデータで確認された二つの統計的特徴によって裏付けられている。

 すなわち、このウイルスは高齢者や病人の間で最も致死率が高いことと、データが増えるにつれ、致死率は季節性インフルエンザに近いことが明らかになってきた、ということだ。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ