世界日報 Web版

中国の感染者数横ばいに疑念高まる Doubts mount about China’s flattened curve


 中国は新型コロナウイルスの感染者と死者の数を意図的に実際より少なく数えることで、当局による危機管理が成功したように見せようとしている。米情報機関の分析は、このように結論付けている。

 「中国の情報は正確性に疑いがあるのは間違いない」。中国の公式の感染者数がこの数週間で突如、約8万2000人で止まったことについて、米情報筋は1日、匿名を条件にワシントン・タイムズ紙にこう語った。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ