世界日報 Web版

ソーシャルメディアで独創的な選挙運動をする候補者たち Hopefuls get creative with outreach on social media


 赤ちゃんにキスしたり、握手したり、写真を自撮りするのは忘れてほしい。

 新型コロナウイルスの感染拡大により、伝統的な選挙運動は完全に中止になった。この勇ましい新世界の特徴となっているのが「ソーシャル・ディスタンス(社会的隔離)」だが、候補者たちはそのガイドラインに従いつつ、有権者とつながりを持つ革新的な方法を模索することが求められている。

 一部の候補が利用しているのがデートアプリだ。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ